マカDXを楽天で?

落ち込む女性を元気にする方法

落ち込む女性を元気にする方法は
こんな感じです!

 

奥さんや彼女に元気がなく、もし彼女らがあなたに話を聞いて欲しい、愚痴をこぼしたいという場合、決してその話に「解決策」を与えようとしてはいけません。

 

時に男性は女性の愚痴に解決策を提案してしまい、女性の機嫌を損ねることがあります。

 

「それはこうすれば良かったんじゃない?」などという発言は男性にとっては自然なのですが、女性は決して解決策が欲しいわけではなく、ただ単に話を聞いてもらいたいだけ、ということがあります。

 

例え自分が間違っていたとしても、ただ愚痴を聞いて欲しいと思うことが女性にはあります。

 

そんな時に「それは君がこうすれば良かったんだよ」なんて言われようものなら、「あなたなんかに言った私がばかだった!」と怒りを買いかねません。

 

女性があなたに愚痴をこぼしてきたり不満を口にしてきた場合は、ただ黙って聞いて頷いてあげましょう。

 

特に励ましの言葉は必要ありません。ただそこにいて、「うん、うん」と頷いて聞いてあげて下さい。それだけで女性は元気になれます。

 

毎日の元気を持続する方法。早起きのススメ

 

僕は毎朝4時に起きます。何故ならば、持病があって如何に遅く寝ようとも、4時に一旦目が覚めてしまいます。

 

どうせならば、7時間の睡眠時間を確保したいと思いまして、21時に寝ます。そうすれば十分に睡眠時間は確保できます。

 

30?40代男性でしたら、朝を有効活用しない手はありません。

 

朝4時に起きて、毎朝体重を測って毎朝チェックすれば、健康管理もできます。

 

そして、シャワーを浴びます。そのあと、簡単な読書をして、朝の目覚めに刺激を与えます。

 

朝にコーヒーを飲みまして、頭脳がシャキッとしましたら、軽く体を動かして、部屋の一部を掃除します。

 

窓を開けて換気して床掃除する時は、初日は15分かかったのが、最近では5分弱でできます。

 

玄関の三和土(たたき)を拭き掃除したら、改運にもつながります。何も置かないのがコツです。

 

玄関や窓を開けて換気すれば、外気温に慣れるのも早いので、風邪を引きにくくなります。

 

冬場はよしたほうがいいでしょう。ただし、拭き掃除をする際には、無理せずにゴム手袋をつけて雑巾を絞ってください。

 

朝を活用すれば、朝食も確実に摂れますので、朝の元気には十分いけるかと思います。

 

朝から早く30分早く通勤すれば、焦ることなく余裕を持ってゆとりある生活を送ることができます。

 

朝から早く起きることによって、より元気に活動できます。

 

深夜族にとっては辛い朝となるでしょうが、慣れてしまえば、深夜に無駄な時間を過ごしていたことにきっと後悔するはずです。

 

深夜のテレビは、前もってタイマー録画しておけばいいのです。無駄なCMだってカットできます。時間がそれだけ有効活用できます。

 

ぜひ、お試しください。

 

仕事帰りに気軽に立ち寄れる趣味関連のショップを持とう

 

せっかく良い天気が続いているのに、平日で全く関係無いとなると元気も無くなり、返ってストレスが溜まってしまいますよね。

 

対照的に肝心の休日が悪天候続きならなおさらで、自然を相手に怨んでも仕方なく、何ともやるせない気持ちになってしまうものです。

 

アウトドア趣味を持っている私の様な人間にありがちな悩みなのですが、そんな中でも元気を出して頑張ってゆくより仕方ありません。

 

あくまで天気は運、日頃から行いを良くしていれば運も巡って来るさ…程度に軽く考えるのが一番ですが、平日でもストレスを溜めこまず元気を維持する為にも、2日に1度は仕事帰りにその趣味関連のショップに立ち寄り、店内を見て気分転換してゆく様にしています。

 

懇意のお店なら何も買わず冷やかしだけでもOK。店内であれやこれやと物色しているうちにストレスも晴れ、いつしか元気が戻っているものです。

 

その様な対策を気軽に行う為にもしっかりとした趣味を作り、行きつけで懇意のスタッフがいる専門ショップを持つ事が大事でしょう。

 

もちろん通勤ルート上にそれがあるのがベストで、日々の疲れも癒してくれるに違いありません。